どんな効果があるの?

体作りができる!

体がどんどん成長する幼児期に、過度に負担をかけてしまうのは良くありません。
しかしスイミングでは浮力のおかげで過度な負担をかけず、簡単に全身運動ができます。
バランスよく筋肉と体力を発達させられる点が大きなメリットと言えるでしょう。

また、いざというときにも役に立つという効果もあります。
川や海で子供が溺れてしまう事故は、全く起こりえないとは言い切れません。
なにかあったときに、浮いたり呼吸をしたりといったことだけでもできれば、助かる可能性があります。
水に入ってパニックにならずに済むことは、自分の命を守ることにもなります。

幼児期は、お風呂を嫌がる子も少なくありません。
毎回苦労してお風呂にいれている、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
スイミングで水に慣れていれば、怖がることもほとんどありませんし、水で遊ぶこともできるようになります。

心も強くなる

どんなにすごい人でも、最初からうまくできていた人などいません。
何度も練習を重ね、努力しなければ成功しません。
水泳でもそれは同じです。
すぐに泳げるようになる子供は少ないですし、それまで頑張って練習をすること自体が、その子にとっても大きな自信になります。
できないならどうすればよいか?ということを自分で考える力を幼児期のうちにつけられるのもスイミングの特徴です。
こういった経験を経ると、子供の精神力は強くなっていきます。

しっかりと努力すれば、達成感を味わえるという点も大切な効果です。
何事においてもそうですが、子供は今までできなかったことを少しずつ克服することで成長します。
スイミングスクールでは、努力の結果が目に見えるようにスタンプや階級などの目標を作っているので、頑張ろうという気持ちをもたせ、向上心を育んでくれます。


この記事をシェアする